タオルの種類を問わずに名入れは可能です。

刺繍は、デザイン、色数、大きさにより価格が大きく変動致します。

刺繍サンプル

si_photo_2_l

薄手のタオルでは問題ありませんが、毛足の長いタオルの場合は、刺繍が毛足に埋もれる場合があります。

区切り線

si_photo_5_l

 

周辺部の毛足を押える為に一度縫い潰してからロゴを入れた方がきれいに仕上がります。
また縁取りをした方が、ロゴが締まって見えます。